ダイエットで効果がある口コミをピックアップ!

炭水化物の前に、先に野菜を食べるだけで効果的なダイエット!


ダイエットと言えば、やはりイメージするのは厳しい食事制限です。
しかし、体の仕組みをよく知る事によって、最低限の食事制限でも効果的にダイエットを成功させる事が出来るのです。

こういった主旨のダイエットとしてご紹介したいのが、食事の際に何を先に食べて、何を後に食べるかを調整する事で痩せやすい体内環境を作る、言わば食べる順番ダイエットです。

まずは太りやすい食べ方から解説しますと、代表的なものとしてかなりの空腹状態の時、急激に色んなものを一気に食べる事です。

これは炭水化物や高カロリー食品であればあるほど当然NGですが、低カロリー食品であってもやってはならない事なのです。
なぜかというと、急激に食べ物を食べる事によって血糖値も一気に上昇してしまい、その結果血糖値を下げるためのホルモンである「インスリン」が分泌されるのです。


インスリン ダイエット




インスリンは本来増えた血液中の糖分をエネルギーへと変換してくれるホルモンなのですが、あまりにも急激に血糖値を上昇させると脂肪分にも変えてしまう働きをします。

血糖値が上がる事は避けられないのですが、インスリンの発生量を抑える事は可能です。
それは、血糖値を少しずつ上げて行くという方法です。

どんなに空腹の状態でもご飯を一気に食べる事はせず、少しずつ食べるとインスリンは最悪の発生量に対して半分以下までに抑える事が出来るのです。

また、ご飯を少しずつ食べる事は、満腹中枢を効率良く刺激する事に繋がるため、少量の食事でも満腹感を得やすくなります。
肥満の方の特徴として食事を食べるスピードが異常に速いという例があるのですが、この食習慣によってインスリンが毎食事大量に発生してしまう上に、満腹感を感じるタイミングが遅くなってしまう事で、余分な量の食事を摂ってしまう事になるのです。

早食いはダイエットに良くない、その明確な根拠がこういった点です。
食べる順番ダイエットの大前提として、まず徐々に少しずつご飯を食べるという事が重要ポイントとなります。

続いて「何から食べれば良いのか?」という点ですが、これは食物繊維が多く含まれている食品を先に食べると非常に効果的です。

つまり野菜です。

野菜 ダイエット




炭水化物は血糖値を上げやすいため、先に食物繊維を多く摂る事によって血糖値を上げずに満腹中枢を刺激しつつ、後に続く炭水化物類の吸収スピードを下げるのです。

イメージとしては空腹=胃袋が飢えている状態だとまず認識をして、サラダなどを胃袋に与えて超空腹の状態を少しずつ回復させて、飢えが収まってから炭水化物類などを与えるというような形です。

飢えている状態であれば目の前に置かれた食物を一気に食べてしまいがちですが、そこまで飢えていない状態であれば少しずつ食べようとする...これは体の本能的な働きですので意識的に抑制する必要があります。

例えば飲食店でメインディッシュの前にサラダが出て来る事なども、実は非常に合理的な流れなのです。
このダイエットを実践していくと、人によっては食生活そのものがベジタリアン的なものに変化していく方もいます。

以前よりも少ない量で満腹感を感じ始めるため、次第に胃が収縮していき、後に続く炭水化物類をたくさんは食べれなくなっていくという状態です。

もちろん行き過ぎは危険ですが、肥満を自覚されている方などは食べる順番ダイエットによって、食生活そのものを自然と変化させていくのも良いかも知れません。

特別なサプリメントや健康器具が無くても、こういった体の仕組みを利用する事でダイエットは成功させられます。
是非一度お試し下さい。